「農」を愛し、「糸魚川」を愛し、営農・生活・金融サービスを通じて、皆様から”ありがとう”と感謝される組織を目指します。

スパイウェアによる不正取引にご注意ください

JAひすい:各種トラブルに対して いわゆるスパイウェアと呼ばれるソフトを使用して、お客さまのパソコンからインターネットバンキングのIDやパスワードを取得し、お客さまの貯金口座から身に覚えのない振込(出金)がなされるといった被害が、一部の金融機関において発生しています。

こうしたスパイウェアによる被害を防ぐため、JAネットバンクを利用いただく場合には、下記の事項について十分にご注意ください。

① スパイウェアに感染しないために
・スパイウェアに感染しないよう、心当たりのない発信元からの電子メールを不用意に開いたり、安易にフリーソフトをダウンロードしたり、不審なウェブサイトにアクセスしたりしないよう、ご注意ください。

・最新のセキュリティ対策ソフトを利用されることをお勧めします。

・インターネットカフェなど、不特定多数の方が利用されている場所でのJAネットバンクのご利用はお控えください。



② JAネットバンクで行っている被害防止策
・JAネットバンクでは、ログイン履歴・取引履歴を保存しています。身に覚えのないログイン・取引がされていないか、取引の都度、ご確認ください。

・JAネットバンクでは、あらかじめメールアドレスをご登録いただいたお客さまに、取引の都度、取引受付通知メールをお送りしています。メールアドレスを登録されていない方は、ご登録をお勧めします。

・JAネットバンクでは、1日あたりの振込限度額をお客さまが変更できる仕組みにしています。お客さまのご利用額に合わせた、限度額の変更をお勧めします。



③ 万が一、身に覚えのない不審な取引を発見したら
・身に覚えのない不審な取引を発見された場合には、直ちにお取引されている各JAにご連絡ください。



スパイウェアとは
本人に気付かれずに、パソコンなどで入力された個人情報をインターネット経由で第三者に転送してしまうソフトのこと。電子メールに添付されたり、フリーソフトなどのアプリケーションをインストールした際に、同時にインストールされている事が多い。

戻る

このページの上へ↑

 区切り 法令への対応 区切り   区切り 個人情報保護方針 区切り   区切り サイトポリシー 区切り   区切り 採用情報 区切り   区切り サイトマップ 区切り   区切り 各種お問い合わせ 区切り   区切り お困りのときは 区切り   区切り リンク集 区切り   区切り JAひすいヘルプライン 区切り